«  2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020年03月30日

現在、新築工事中のサイデイング工事写真になります。
サイディング材には4つの種類があります。窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディングです。
それぞれの素材に特徴があり、デザインや使用する条件によって素材を変えることができます。
中でも、窯業系サイディングが一番人気があり、外壁材シェアの70%が窯業系サイディングで占められるほどです。
こちらの施工写真は外壁を張る前の下地と貫通部分になります。
一番の建物の顔とも言われる外壁です(^.^)
まだ下地の段階なので見れませんが、追ってアップしますので('ω')ノ


2020_03_27_18_39_12_996_2.jpg

2020_03_28_18_35_01_545_2.jpg

2020_03_28_18_35_01_550_3.jpg

2020_03_28_18_35_03_080_6.jpg

2020_03_28_18_35_01_554_4.jpg

2020_03_28_09_38_27_400_1.jpg

2020年03月27日

界壁の施工中の写真になります。
界壁とは、
共同住宅において、各住戸の間を区切る壁のことをいいます。 ... 建築基準法上、界壁は遮音上問題となるす隙間のない構造であり、耐火構造または準耐火構造または防火構造でさらに天井裏に達するように施工しなければなりません。
屋根裏で床などは無い為、足元は十分に注意しながら行います。

2020_03_27_18_35_28_792_3.jpg

2020_03_27_18_35_28_801_5.jpg

2020_03_27_18_35_28_787_2.jpg

2020_03_27_18_35_30_328_8.jpg

2020年03月25日

先日、紹介させていただきましたウッドデッキ工事の続きになります('ω')ノ
間口と出幅もあり大きかったので、少し時間は掛かりましたが、ようやく完成しました('ω')ノ
現場での加工も多少ありましたが、人工木デッキの完成です(^.^)/~~~


2020_03_21_15_05_40_180_0.jpg

2020_03_21_15_05_40_185_2.jpg

2020_03_21_15_05_40_193_5.jpg

2020_03_21_15_05_40_188_3.jpg

2020年03月23日

こちらの写真は造作工事のテーブルになります。
手造りのメリットは自身のオリジナルのテーブルが出来ることですよね。
大きさ、形と共に世界にひとつだけのテーブルが出来上がりました。

2020_03_19_14_21_57_534_25.jpg

2020_03_20_18_05_13_153_5.jpg

2020_03_20_18_05_13_171_11.jpg

2020_03_23_10_02_32_115_0.jpg

2020年03月20日

こちらの工事写真は浴室のスノコのメンテナンス工事になります。
既存は、桧材の板を使用している為、どうしてもメンテナンスは定期的に必要になってきます(^.^)
そこで、一つ提案を、、、樹脂製タイプのスノコに取替えを行いました。
品物は現場で少し加工を行い、取付けは半日程度で完了となりました('ω')ノ
これで少しはお手入れも楽になるかと思いますよー。

2020_03_11_10_22_58_125_4.jpg

20200311_155502.jpg

2020_03_12_12_03_41_193_3.jpg

2020_03_12_08_50_42_326_2.jpg

62be470bd42f35a9588c894ea5ce5c0e20200320-2783-kuw2e2.jpg

565e9c82708ebf233a5f20aee87f643a20200320-2808-1eabcxy.jpg

2020年03月18日

ウッドデッキ作製を考える場合、天然木ウッドデッキ材と樹脂製ウッドデッキがあります。
どちらで施工するかは、予算もありますが、風合い、美観で悩むところでもあります。
こちらのデッキは人工木になります。
『人工木』とは、木粉が約50%、プラスチック50%で造られた木材工業製品。合成木材、再生木材とも言われる材料になります(^-^)
人工木は耐久性は勿論、色あせは多少して来ますが、メンテナンスフリーの面がとても良いいい所です。
もう少しで完成しますので、完成後また追ってアップします(^.^)

2020_03_13_08_56_59_943_13.jpg

20200314_173554.jpg

2020_03_16_18_37_59_858_7.jpg

2020_03_17_19_09_44_988_9.jpg

2020_03_19_18_56_31_679_4.jpg

2020年03月16日

こちらの写真は、防蟻施工中になります。
自社のこだわりの防蟻はなんといってもホウ酸防蟻です。
ホウ酸とは??
ホウ酸は米・カルフォルニア州や西トルコの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られます。ホウ酸は鉱脈のほかにも、海水、淡水、岩石、すべての植物、土壌などに存在する“天然物”です。.

ホウ酸の防蟻最大メリットですが、、、
1.安全性ホウ酸は非揮発性で空気を汚しません。
床下の空気を循環させる工法にも安心してご利用いただけます。
ホウ酸自体安全性が高いので施工者にも安全です。
2.持続性ホウ酸は分解されないので、効果が減衰することがありません。
再処理ができない壁体内等の処理には必須です。
3.浸透性ホウ酸は木材中のわずかな水分に溶け込み深く浸透していきます。


2020_03_13_19_51_17_832_0.jpg

2020_03_13_19_51_17_842_1.jpg

2020_03_16_18_40_48_229_5.jpg

2020_03_16_18_40_48_232_6.jpg

2020年03月11日

本日、トイレの改修工事を行いました。
写真は既存のトイレを撤去し、床下地を造り直して仕上げのクッションフロアを貼り、新規トイレの取付けまで行い完了です('ω')ノ
工期は約0.5日で完了となりました。
床のベニヤも老朽化でフケテしまいブカブカの状態でした。
新規の床下地は、2重張りにしてクッションフロアも貼替えを行ったので、気持ちよく使用できますね(^-^)

2020_03_10_07_01_39_477_19.jpg

2020_03_11_14_47_54_375_2.jpg

2020_03_11_14_47_54_381_4.jpg

2020_03_11_14_47_54_389_7.jpg

2020_03_11_14_47_54_416_17.jpg

20200311_142158.jpg

2020年03月09日

耐震改修工事といっても、いくつか改修方法があります。
基本的には決まってますが、材料や金物等はとても豊富です。
改修工事を行う事で、建物の耐震性能は勿論、工事に伴いリフォームを実施するととても効率的ですよね??(^-^)


20200306_085734.jpg

20200306_101316_HDR.jpg

2020_03_06_18_31_48_119_1.jpg

2020_03_06_18_31_48_129_3.jpg

2020_03_06_18_31_48_169_13.jpg

2020_03_07_11_23_45_599_0.jpg

2020年03月04日

現在、塗装工事中の現場になります。
こちらの写真は屋根の登り棟と言われる部分で、屋根材を張った後に最後の雨仕舞の処理を行う部分になります。
数十年経つと、どうしても板金の下の木下地が腐ってきてしまいます( ;∀;)
この下地が腐ってしまうと、台風等、強風時に板金部分が飛ばされてしまい大変危険です。
普段外からは見えない部分なので、こういった時にプロの目で確認をし交換を行います。
勿論、お客様にはその旨を伝えてから工事を行います。

2020_03_04_13_51_02_542_9.jpg

2020_03_04_13_51_02_523_3.jpg

2020_03_04_13_51_02_530_5.jpg

2020_03_04_13_51_02_533_6.jpg

2020_03_04_13_51_02_536_7.jpg

2020_03_04_13_51_02_545_10.jpg

Archives

Entries

comments

trackbacks

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則SEO CMSのCMSデザインといったサイトを運営中です。