«  2019年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019年01月17日

先日の続きで、アパート階段のメンテナンス工事の現場になります。
塗装屋さんが入り、既存部分の塗料のケレン作業、錆止め、中塗りまで完了しました(^O^)/
明日、仕上げと最終の確認を行い完了となります。

2019_01_14_12_49_32_127_7.jpg

20190117110635_p.jpg

20190117141708_p_1.jpg

20190117125902_p.jpg

20190117165658_p_1.jpg

2019年01月14日

鉄骨階段のメンテナンス工事依頼になります。
アパートの外階段なのですが、どうしてもメンテナンスが必要になります。
今現在、踏板の部分はモルタルの上に長尺シートが貼ってあるのですが、あまり水はけも
良くなさそうなので、撤去して全て塗装で仕上げる事になりました(^.^)/~~~


2019_01_14_16_34_41_722_8.jpg

2018_12_26_10_16_08_121_8.jpg

2019_01_14_16_34_41_700_4.jpg

2019_01_14_12_49_32_098_3.jpg

2019_01_14_12_49_32_127_7.jpg

2019_01_14_12_49_32_138_9.jpg

2019年01月10日

部分でのタイル貼替え工事前になります。
25年位前のタイルなので、現在と全く同じ物はありません( ;∀;)
一番は全て貼替えができれば、良いのですが、、、。
お客様に提案や、考え方を変えてアドバイスさせてもらうのも一つですが、
それでも、既存の物に近い物を探すのも私達の仕事です。
次回、工事後の写真をアップしますので(^O^)/


2018_06_03_10_54_07_904_15.jpg

2018_06_03_10_54_07_899_14.jpg

2018_06_03_10_54_07_888_12.jpg

2018_06_03_10_54_07_908_16.jpg

2018年12月29日

今年も残すところ僅かとなりましたが、
皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、この度誠に勝手ながら、下記の日程で
年末年始の休業を致します。
ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します。

【休業日】
平成30年12月30日(日)から

平成31年1月8日(火)まで

平成31年1月9日(水)から平常営業を行います。

2018年12月27日

住宅は年数が経過すると共に、定期的(8年~10年)に外壁塗装をした方が良いと言われています。
外観が綺麗になる以外の外壁塗装のメリットとしては、建物の耐久性、防水性が高まり住宅の寿命が延びてきます。
雨が降れば壁に水が当たり、材質によっては壁に水が染み込んでしまい、壁材の隙間は水分が入り込む原因になる可能性もあります。特に古くなってきた住宅の壁は、ひび割れが生じて雨漏り等の原因につながりますので、一度相談だけでもしてみては如何でしょうか(^.^)

2018_11_27_10_50_35_963_1.jpg

2018_11_27_10_50_35_972_2.jpg

2018_11_27_10_50_36_008_7.jpg

2018_11_24_10_25_20_285_1.jpg

2018_11_24_10_25_20_369_18.jpg

2018_12_14_10_54_06_764_1.jpg

2018年12月24日

本日、手摺りの取付けを行いました。
手摺の工事もとても奥が深く、取り付ける位置や高さの確認は慎重に行います。
手摺りも取付け基準がありますが、一番はその人にあった使い方を優先させていただき取付けを行います(^.^)
一時間程で、工事完了となりました。

2018_12_24_10_02_54_597_0.jpg

2018_11_22_19_32_13_863_1.jpg

2018_12_24_10_02_54_616_2.jpg

2018_12_24_10_02_54_633_5.jpg

2018_12_24_10_02_54_638_6.jpg

2018年12月20日

夏の台風被害での修繕工事になります。
各地でいろいろな被害を受けたかと思いますが、こちらの宅では屋根の棟板金部分
が飛ばされてしまいました。直ぐに現場へ向かい雨が建物内部に侵入しない様に、雨対策を
行いました。その後、屋根自体も老朽化が進んでいる為、屋根の葺き替えをご提案
させて頂き、工事も順調に進み無事完了しました(^.^)
尚、コロニアル葺きから、ガルバリュウムへの葺き替えとなりました。


2018_11_18_14_36_52_376_2.jpg

2018_10_01_18_49_53_793_1.jpg

2018_12_07_17_13_09_156_1.jpg

2018_12_08_19_22_57_850_0.jpg

2018_12_10_12_03_29_867_3.jpg

2018_12_11_09_23_41_895_5.jpg

2018年12月17日

写真を見て頂いても分るように土間にヒビ(クラック)が入っています(+o+)
年数が経つにつれてどうしても弱い部分や接着が不十分の場所に起きてしまいます。
且つ、土間が浮いてしまい扉も内側に開かない状態になっていました。
既存のクラック部分の土間を撤去して、勾配も取り直し修繕を行いました(^O^)/
工事は半日で完了となりました。


2018_12_01_12_16_05_257_3.jpg

2018_12_01_12_16_05_250_2.jpg

2018_12_17_13_58_28_692_3.jpg

2018_12_17_13_58_28_684_1.jpg

2018年12月13日

敷地内でも実際にはかなりの大きさを占めるのが駐車スペースですよね?
カーポートや駐車場、サイクルポートなどの床面は「土間コンクリート仕上げ」にするのが一般的となっています。
近年では、この土間のコンクリート打設の際に、住宅に合わせた様々な風合いのデザインを取り入れるようにもなってきています(^O^)/


2018_12_07_17_44_26_370_10.jpg

2018_12_10_16_34_09_741_2.jpg

2018_12_10_16_34_09_759_5.jpg

2018_12_10_16_34_09_770_7.jpg

2018_12_03_16_48_58_415_2.jpg

2018年12月10日

襖と扉が大きく異なるのは、単に出入口にとどまらず二つの部屋をつなげて広く使ったり、仕切って別々に使うなど、間仕切りの要素があることです。
襖は、家屋や状況に合わせて使うことが可能です。
襖と異なり、紙一枚で部屋を仕切る障子には光を通すという特徴があります。
障子の特徴は直射日光を分散させ、柔らかい光で部屋を明るくする等、
昔の日本人文化の知恵がとても感じられます(^.^)
今の住宅ではどちらもあまり見かけなくなってきましたが、障子、襖に関わらず、日本の誇れる職人技術がまだまだ沢山あると思います!(^^)!


1543834873769.jpg

2018_10_16_18_23_57_600_11.jpg

2018_10_16_18_23_57_604_12.jpg

2018_12_07_14_42_25_950_0.jpg

2018_12_07_14_42_25_977_3.jpg

2018_12_07_14_42_25_990_5.jpg

Archives

Entries

comments

trackbacks

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則SEO CMSのCMSデザインといったサイトを運営中です。