«  2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020年01月27日

トイレのリフォーム工事の中でも一番多いのが、トイレ交換工事です。
人が生活する上で一日に一番使われるているトイレ。
長年使用してきたトイレに感謝を込めて次の新しいトイレに交換される方がほとんどだと思います。
最新のトイレは節水・省エネタイプがほとんどで、水道代や電気代の節約にもつながります。
省エネもそうですが、手入れのし易さ等のメリットもあります(^O^)/
床の補強やよっぽどの事がなければ、約半日程度で完了となります。

2019_09_16_09_57_59_738_14.jpg

DSC_4790.JPG

DSC_4789.JPG

20191109_082550.jpg

20191109_083245.jpg

20191113_153733.jpg

2020年01月24日

以前にも紹介させて頂いたリフォーム現場です、昨年の台風により地下が浸水してしまった住宅になります。こちらの写真は床組みをしている写真になります。
リフォーム前は、コンクリートスラブ直貼りでフローリングが貼られていました。
今回のリフォームでは、湿気の問題等を考慮して床のレベルを木下地で嵩上げして施工をしています。
地下という事もあり、床板や下地の材料等の選定もしっかりとしなくてはなりません('ω')ノ

2020_01_17_18_45_48_960_4.jpg

2020_01_20_18_52_42_705_11.jpg

2020_01_20_18_52_42_703_10.jpg

2020_01_24_18_14_52_400_8.jpg

2020_01_24_18_14_52_396_6.jpg

2020年01月22日

いよいよ基礎工事がはじまりました。
この物件は、賃貸住宅の3棟現場になります。
家の基礎工事とは、建物と地面のつなぎ目である「基礎」をつくる工事です。家づくりは「土台が大切」と言いますが、この土台にあたるのが基礎であり、基礎の強度によって住まいの耐震性や耐久性は大きく変わってきます(^.^)
この基礎工事を行う前の整地工事を「地業工事」といい、基礎工事の手順として「遣り方」という基礎や建物の正確な位置を測るための基準点となる造作物が設けます。
現在の作業は、地耐力を確保するために、砕石(細かく砕いた石)を全体に敷き、ランマ―と呼ばれる地面を転圧する機械を使って地盤を締め固める工程を行っています('ω')ノ

2020_01_10_20_48_55_862_2.jpg

2020_01_12_16_25_22_713_1.jpg

2020_01_16_10_20_53_540_1.jpg

20200122_122132.jpg

20200122_122135.jpg

2020年01月20日

住宅をはじめ、多くの建物で使われる内装下地材の石膏ボード。
石膏ボードにもいろいろと種類があります。
現在、弊社の新築工事で標準仕様している『ハイクリーンボード』
特長
・シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを吸収後、無害な物質に分解するため、再放出させません。

・エアコンや空気清浄機などと違い、ランニングコストがかからず、お部屋の空気環境をきれいに保ちます。
・タイガーボード(通常のせっこうボード)同様、不燃性や施工性などの優れた性能を持ちます。

この商品は学校・病院・老人ホームなどの健康に配慮した建物でも数多く採用されています(^.^)

2020_01_20_19_03_35_070_0.jpg

2020_01_20_19_03_35_102_6.jpg

2020_01_18_18_05_17_494_6.jpg

2020_01_18_18_05_17_746_12.jpg

2020_01_18_18_05_17_758_15.jpg

2020年01月17日

こちらの住宅は昨年の台風の影響により地下部屋が浸水してしまいました( ;∀;)
水嵩は50㎝程上がってきていました。地下の排水を汲み上げる水中ポンプが上手く作動していなかった為、結果、浸水被害となってしまいました('_')
本日は修繕工事の初日で、解体工事からスタートとなりました。
もちろん建具から床、壁等は粗解体撤去となります。


2019_10_19_18_43_40_902_16.jpg

2019_10_19_18_42_57_490_8.jpg

2020_01_17_18_44_22_887_14.jpg

2020_01_17_18_44_22_903_22.jpg

2020_01_17_18_44_35_433_12.jpg

2020_01_17_18_44_35_443_16.jpg

2020_01_17_18_44_35_438_14.jpg

2020_01_17_18_44_35_441_15.jpg

2020年01月15日

先日アップした同現場になります。
現在日本の住宅では、日本古来の文化である和室のある家です。
尚、こちらの住宅は平屋造りで間取りは2LDK+小屋裏があります。(南東へ和室を設計しました)
和室があることの大きなメリットとして
くつろぐスペースとして、客間としても和室は色々の使い方があります。
癒しの空間としても活躍してくれます(^.^)
何と言っても畳の井草のにおいがいいですね(^.^)/~~~


2020_01_14_19_21_33_025_7.jpg

2020_01_14_19_21_33_028_9.jpg

2020_01_14_19_21_33_036_13.jpg

2020_01_14_19_32_38_028_9.jpg

2020_01_14_19_32_38_033_12.jpg

2020_01_15_18_56_12_675_5.jpg

2020_01_15_18_56_12_681_7.jpg

2020_01_15_18_56_12_793_13.jpg

2020年01月13日

新年あけましての一つ目の現場日記です(^O^)/
去年に上棟を行った東京都H市の注文住宅になります。
こちらの施工写真は部屋の天井下地(野縁)の写真になります。
この木下地が終わった後に皆さんもご存じだとは思いますが、
こちらのお宅はこの下に石膏ボードが張っていきます(^.^)
又、次回も進捗状況を載せていきますので、お楽しみに!

2020_01_13_18_27_49_738_2.jpg

2020_01_13_18_27_49_749_3.jpg

2020_01_13_18_27_49_752_5.jpg

2020_01_13_18_26_33_315_2.jpg

2020_01_13_18_26_33_311_1.jpg

2020年01月10日

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申しあげます。

本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

2019年12月27日

拝啓

師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

原田工務店では年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

敬具


■年末年始休業日

2019年12月29日から2020年1月8日

2020年1月9日(日)より、通常営業を開始いたします。

2019年12月25日

床の補強工事を行いました。
合板ベニヤは、薄い板を接着剤で張り合わせて作られている為、床下など湿気が多いところは築15年〜20年経つと接着剤が劣化し、板同士が剥がれて浮いてきて、下地である根太の無い部分(30センチ角位の幅)がふかふかとしてきます。
湿気対策も重要ですが、床の補強の仕方にも色んな施工方法があります(^.^)
今回は床下からの補強を行い完了となりました(^O^)/


2019_11_20_09_15_22_413_2.jpg

2019_12_10_18_35_32_428_5.jpg

2019_12_10_12_25_45_864_7.jpg

2019_12_10_12_25_45_875_16.jpg

Archives

Entries

comments

trackbacks

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則SEO CMSのCMSデザインといったサイトを運営中です。