« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月 アーカイブ

2012年09月03日

お庭とお部屋をつなぐ ウッドデッキ

      ウッドデッキって、憧れますよね。お部屋とお庭の中間的な場所。

       下部の写真はウッドデッキの下地です。本来は束石などで

     施工しますが、今回はお客様の希望でコンクリートの土間になりました。

  施工中の写真ですが、今回のウッドデッキはアルミと樹脂製の物になりました。

     犬を放すために細かい柵つきのウッドデッキにしました。
         かなり大きいウッドデッキが完成しました。

2012年09月07日

太陽光を乗せる前に

          是非やっておきたいのが、屋根の塗装です。
      実際に安全の為に足場も必要ですし、太陽光のパネルを
     乗せてからでは塗装できません。是非塗っておきたいですね。

  太陽光パネルを乗せる所だけでも塗装しておけば、外壁の塗り替え時期
が来ても安心です。パネルの下は日光も当らないので、比較的塗装も持ちます。

2012年09月08日

住まいの暮らし教室開催いたします!!

『フラワーハロウィーン 1DAYレッスン♪♪』

今回は、1DAYフラワーレッスンのご案内です。
『mam´s flower』 ☆テーマは、ハロウィーン!!

日程: 9/21(金)ママレッスン 2,000円(材料込)
     9/22(土)キッズレッスン 1,500円(材料込)

※花材は、一部変わる可能性があります。

時間:各日10:00~12:00

定員:各回12人(定員になり次第受付終了いたします)

★お申込みは、当社HPお問い合わせフォームより、お願い致します。

キッズレッスン ↓↓

ママレッスン ↓↓


2012年09月10日

ペットサロン新築工事

     一辺が3.6㍍の真四角の平屋を建てるのですが、
      基礎は二階建の一般住宅と変わりません。

コンクリートとの強度試験用のテストピースや柔らかさを測るスランプ値も調べます。
硬化完了後に型枠を外し、土台を敷き、アンカーで固定・締め付けをします。

2012年09月11日

木材加工(プレカット)工場

こちらは、つい先日木材加工(プレカット)工場へ行ってきた時の写真になります。
プレカット工場って何?っておもわれる方がほとんどだと思います。何かと言うと、
現在コンピューター化が進む中、建築用の材料を事前に工場で加工しておくことです。
以前は現場で大工さんが、図面をもとに柱や梁に墨付けをし、木材の仕口や継手を手刻みで行なっていましたが、工場で、事前に加工を施し搬入するようになりました。

今回工場の見学させて頂き感じた事、一つ工場の広さの割に人員の数の少なさ!それは工場内(加工場)で働く人の数よりデスクワークの人の方が多かった事です。そんな中もう一つの驚きは、コンピューター、機械化が進む中工場内にいる数名の大工さんでした。その中、大工さん達が何をしているのかと言うと、それは機械でもコンピューターでも行えない作業(加工)を大工さん達一人一人が手刻みで加工をし、工場を支えていました。また一つ大工さんの技術のすごさを感じさせられた一日でした。


     

〇〇〇工場のみなさん今回は素晴らしものをたくさん見せて頂き、本当にありがとうございました。

2012年09月13日

ペットサロン新築工事 建方

     いよいよ建方ですが、まずは危険な箇所を無くすために足場を建てます。

 

         プレカットされているのも有りますが、
     やはり1階建の店舗なので、建て始めると速いですね。

 

     基礎の中側も耐圧盤でコンクリートを打って有るので、
 シロアリも中々来ませんが、念には念で防蟻剤を忘れずに塗ります。

 

    外の板(ラーチ)を貼って一日のノルマ完了です。

2012年09月17日

新築には是非お勧めの断熱材

     いろいろな断熱材が有りますが、何か決めているのは有りますか?
     まだ決めて無いなら、セルロースファイバーを調べてみませんか?

 

     断熱効果にも優れている上に吸音効果も有り、
      施工上気密も良くなるのでお勧めです。

 

       

2012年09月20日

耐震リフォーム

今日から屋根の交換工事が始まりました。

きっかけは断熱リフォームの見積りのご依頼でしたが、築年数を訪ねると30年でした。

お話をしている中、耐震診断を進めました。

実際診断を一級建築士の設計と一緒に天井・床下にもぐり、耐震診断を行ったところ大きくは、2ヶ所を改善すればいいと結果が出ました。


   
その1つ目は、屋根を瓦から⇒軽い屋根に(カラーべスト)でした。

このところ台風などの天気が不安定の中、延期が続きようやく今日屋根をはがす工事が出来ました。

続いて、カラーベストの屋根にする際、現在メーカーは昔の杉板(野地板)では、保証が効かなくなり、12㎜の野地合板でなければ保証が付きません。

なので、施工方法は既存の和型瓦をはがし野地合板を敷き詰め、アスファルトルーフィングを貼るところまで、6人で作業を行いました。

屋根の工事は、常にお空とニラメッコなのです。

夜中に、雨が降ったとしても大丈夫な様に、シートをかぶせて、一日終了です。

   

2012年09月21日

高密度・高断熱工事

新築中の断熱工事風景です。

省エネ・エコなどよく聞きますが・・・

木造住宅で大事な工事は、沢山ございます。

断熱工事もその1つです。

今回の仕様は、セルローズファイバーと言う新聞古紙を再利用して出来た自然素材100%の断熱材!!
             【防音・防火・防虫・防カビ】効果がございます。
   


木造在来工法では、土台・柱・桁の仕口にて結合された中、柱の間には間柱と言う中間の柱が存在します。
その、柱と間柱の間に一つ一つ丁寧にシートを貼り専用のホースにて吹き込みます。


   


こんな感じとなってます!!

2012年09月28日

フローリングの張替え工事

今回のご依頼は、断熱・耐震がキーワードでした。

事前に耐震診断を行いまして、補強計画と断熱工事をリフォームすることに成りました。

   

床を解体してみると、大引きと言う床根太を支える木材がシロアリに食べられていました。

幸い現在シロアリは居ませんでしたが・・・・・。

何処かのシロアリ屋さんがホームセンターのバーコードの付いた細い木で・・・・・。

いい機会なのでその場でお客さまに伝えた上、大引きを交換し、束も交換させて頂きました。

   

その上で、根太を並べて断熱材(旭化成のサニーライト40㎜)を新しく敷きました。

L型のリビングなので、家具ピアノなど移動しながら半分ずつ床を仕上ます。

リフォーム工事は、工事に入る前の細かい整理が一番大変なのです。

            お客様の協力があってこそ!!
  
                   スムーズに工事が進みますからね。

About 2012年09月

2012年09月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年08月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37