« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月 アーカイブ

2013年07月01日

トイレ収納のリフォーム

トイレだけではなく収納は中々自分の好みに合わない方が多い様で
収納の御相談は、かなり多いです。今回はトイレの収納のサイズを
大きく変えるという依頼を受けての仕事になりました。
  
よく有る一般的な収納ですが、味気はないですよね?
ここからは大工さんの腕の見せ所です。最小の補修で
お客さんの御希望の物をつくれるか、神経を使う所です。
  
新築の現場ならばボードは専用の丸ノコで切るのですが、
お客さんが住んで居るので、なるべくホコリが出ない方法で施工します。
今回は、手ノコでキッチリ切る事に決定です。
  
出来上がりは中々シャレた感じの収納兼棚が出来ました。
ここは、お客さんのセンスと大工さんの腕がでます。

2013年07月04日

万年塀からブロック+フェンスへ

既存の万年塀が大きく外へ傾いているので危ないから
撤去して、ブロックに交換して欲しいとのご依頼を受け
確認してみると、確かに傾いているので危険です。
  
万年塀は柱と柱の間にコンクリート製の板を差し込んで有るので
傾いて行くと外れて落ちる場合が有るので解体も慎重です。
奥から順序良く解体して柱の根元を機械でハツって行きます。
  
万年塀を取り除けたらブロックのベース部分を掘って行きます。
締め固めたらベースのコンクリートを打ちながらブロックを並べて行きます。
  
今回はブロックを4段積み、その上に風の通る目隠しフェンスを取り付けます。
万年塀と同じ高さまで見えない方が良いとの事だったので、
ルーバータイプ(風の通る目隠し)のフェンスを提案致しました。


万年塀と高さは同じなのですが、雰囲気は変わりますよね!?
実際に地震で揺れた時には、上が軽い方が上部みたいです。

2013年07月08日

レンジフードの交換

古いレンジフードは掃除も大変ですし、細部に手が届きません。
最近のレンジフードはお手入れが楽に出来るようになっているので
無精な人からキレイ好きな人まで万人に良いと思います。
  
まずは古いレンジフード外して行きますが、細部にまで油でベトベト
手袋無しでは、大変です。手袋も使い捨て出来る物が良いですね。
外し終わったら下地を確認しておきます。これが新しいレンジフードを
取り付ける時に、役にたちます。
  
大体は丸いダクトなのですが、今回は狭い部分を通す為に角パイプで
加工して作って有りました。出来れば取り除いて、
丸いダクトに変えたいのですが、やはり通す場所が無く、既存を使う事に、
板金屋さんに角から丸への変換の部材を作ってもらい既存のかくに差し込み
アルミテープでスキ間を塞ぎ、いよいよ本体の取り付けです。
  
以前の物とは少し形が違いますが、気に入ってもらえました。

2013年07月10日

暮らしに役立つ教室  住まい・スクール

原田工務店では毎月、見学会や楽しいイベント、暮らしに役立つお教室を企画しています。

主婦の方々やお子様を中心に、たくさんの方々にお越しいただき、

ご好評いただいています!7月は以下の3つのイベントを開催します。

『暮らしのミニセミナー』パッシブハウス(住宅の気密性能・冷暖房負担・エネルギー消費)について


『多肉植物のアレンジリース』今、話題の多肉植物のアートフラワーです。

自分だけのオリジナルリースを作りましょう


『食育子ども料理教室」3歳~小学6年生くらいまでの

お子様が、実際に包丁などを使い簡単に出来る

内容のお料理を体験していただきます。

※食材のアレルギーのある方は、事前にお知らせください


~ ~ ~ ~ ~Information~ ~ ~ ~ ~
『多肉植物のアレンジリース』

講師 : 小野寺 恵美~mam's flower~

日時 : 7月25日(木) 10:00~12:00

料金 : 3.000円(材料費込み)

持ち物 : 不要  設備 : キッズスペース完備

※ 15分程度の『暮らしのセミナー』込み。


『食育子ども料理教室』

講師 : 河田 京子~sora'sキッチン~

日時 : 7月25日(木) 10:00~12:00

料金 : 3.000円(材料費込み)

持ち物 : エプロン バンダナ

対象年齢 : 3歳~小学6年生くらい

2013年07月13日

アパートの防水工事

アパートのオーナーさんからの御相談で、屋上から雨漏りが
有るので、直して欲しいとの事でした。
普段は戸建てのベランダの防水位でしたので、
今回は30倍以上の大きさなので、人数から材料から
段取りが全然違います。材料上げも数が多いので、
荷揚げ用の足場からの段取りとなりました。
  
元々は全てが銀色に輝いていたハズなのですが、
今ではクスンでしまい防水機能が無くなってきています。
  
今回は既存の防水の上にFRP防水を施工する事にしました。
FRPが良く着くように下地のシーラーを塗って行きます。
  
ようやくFRPを塗って行くのですが、広さが広いのでなかなか進みません。
塗り忘れが無いように少しづづ重ねて塗って行きます。これを二度行います。
  
最後にトップコートを塗り仕上げとなりました。施工後はキレイですよね。

2013年07月16日

下屋根の交換(トタン→ガルバニュウムへ)

当初はペンキの塗り替えだったのですが、
何箇所か雨水が入った様子が有るので取り換えたいという事になり
工事に取り掛かりました。夏時期の屋根工事はかなりツライです。(汗)
足の裏は熱いし照り返しで気温は高いので、熱中症に注意ですね。
  
まずはトタンの部分を取り外して行きます。
トタンの端などで手などを切らない様に手袋は必ず着用です。
  
瓦棒まで取り除いたら痛んでいる野地板を交換します。
移動時は瓦棒が有った所に足を置きながら移動しないと
板を踏み抜いてしまうので、要注意です。
  
下地が終わったら、アスファルトルーフィングを敷きます。
谷などは先に1枚貼り、後は下から順々貼って行きます。
下から貼って行くことで、雨水が浸入しづらい構造を作ります。
新しく瓦棒を釘で止めて大工さんの工事は完了よなります。
この先は板金屋さんの仕事になります。
これが連携が取れている工務店ならではの動きです。
  
今回の鋼板はガルバニュウム鋼板なので、サビづらく長持ちします。
現在はトタンの方が品数は少ないみたいです。

2013年07月19日

タイルの階段からFRPへ

鉄骨の階段の骨組みにモルタルで下地をした上にタイルを貼った階段
よく有りますよね?今回その階段にどうも水がまわってる感じなので
やりかえする事になりました。まずは階段のタイルとモルタルを撤去します。
  
堅い仕事をするタイル屋さんだったので、水は下までまわっていませんでした。
それは良かったのですが、壊す方は大変です。
  
やっとの思いで壊し、解体前のモルタルに負けないように頑丈に作りました。
今回はモルタルまでは同じなのですが、仕上げをFRPにします。
この所防水工事続きですが、やはり水を防ぐには字の通り防水です。
  
モルタルが固まって乾いたら、いよいよ防水屋さんの出番です。
前回も水は下まではまわっていなかったのですが、
一部上の部分が水で錆びていたので、今回は完ぺきです。
  
当たり前の事ですが、全体に滑らない様に滑り止めをしてもらいました。
もちろん、水も下に流れるように勾配を取り、完成です。
心配事が一つ無くなりました。

2013年07月20日

暮らしに役立つ教室  住まい・スクールからお知らせ

%21cid_2B1863CAA36249E8BC38B577E226C3A6%40DFCU10.png


 気軽にちょっと相談! ご相談コーナー!!

     
      ~講師の御紹介~


ジャパン建材 サポートセンタートータルアドバイザー

       熊木 美樹 さん


・ファイナンシャルプランナー ・二級建築士 
 
・住宅ローンアドバイザー・インテリアコーディネーター 

・キッチンスペシャリスト

☆☆素敵な熊木さんが、暮らしのコラボセミナーイベントに応援に来ていただきます☆☆ 

      ご家族の大切な住まいづくりのことで疑問や不安はもちろん

    木材利用ポイントや様々な助成金等国策についてお気軽にご相談ください 

2013年07月23日

床のリフォーム

床がフワフワするので見て欲しいと、ご依頼が有り
現調してみると、床のべニア板の接着が無くなり
柔らかくなっていたので交換する事になりました。

中央に掘りゴタツが有るのですが、今回は一度無くすとの事
ですが、もしかしたら再度つけるかも知れないと言われたので
掘りゴタツを再設置出来るように施工する事にしました。
  
全部べニア板を撤去し終えた所、大工さんが、「下地の間隔が合って無い」
と言いだし計ると大工さんの言うと通りだったので、既存を残したまま
新規に下地を入れました。スゴイ細かい下地になってしまいました。
  

2013年07月26日

玄関ポーチのタイル

玄関を出るとタイルが貼られてますが、気になった事有りますか?
普段は気にならないですよね!?何かが、おかしければアレ?って
思うのかも知れませんが、気にならないのなら
それは良い事なのかも知れませんが、今日は普段気に掛らない
玄関先のタイルの工事をアップします。
  
まずは、こんな道具を使います。だいたい見慣れた物が多いかと思います。
それから、玄関の中のタイルと目地を合わせる為に基準の墨を打ちます。
そしてタイルを割りつけて行くのですが、タイルのサイズで割り切れればOKです。
家の状況にも依りますが、監督の腕の見せ所ですね。
  
モルタルで高さを調整してタイルを貼って行きます。
目地の幅もタイル屋さんの長年の経験で開けて貼ります。
慣れて無いと真っ直ぐに貼れなさそうですよね
  
上の部分が貼り終えたら、下がった所にも1枚分タイルを貼ってもらいます。
たまにですが、どうしても下にズレルタイルが有るのですが
言う事効かないタイルには、テープで固定がききますね。

最後に目地を入れタイルを拭きあげれば、作業終了です。
キレイに出来ましたよね。タイル屋さん おつかれさまです。

2013年07月28日

認定品質住宅検査員講習会

住宅瑕疵担保責任保険の認定品質検査員講習に行って来ました。



2013年07月31日

新築住宅完成!

以前に新築住宅の基礎基礎など紹介したお家が完成しました!!
やはり新築は見た目も中の雰囲気もいいですよね。
  
初めのさら地に比べると雰囲気が違いますよね。
まあ建物が有ると無いでは違うのは当たり前ですが
  
建物の中も日に日に変わって行くのが楽しくワクワクします。
  
後は引き渡しですが、お客様の笑顔が目に浮かぶようです。
まあ、そのために頑張ってると言っても過言では無いのですが
  

About 2013年07月

2013年07月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年06月です。

次のアーカイブは2013年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37