« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月 アーカイブ

2014年06月02日

浴室の改修工事

先週は浴室改修工事が有りましたのでアップしようと思います。

元はタイル貼りの浴室なので土台がどの位腐ってるか心配です。

まずは天井から解体し壁へと移って行きます。
2014-05-29%20014.jpg
壁を壊すと言うよりは剥がすが近い言い方かもしれません。

木の部分を残してモルタルとタイルを取り除いてから

下地の木を取り除いて行くので剥がす感じですね。
2014-05-29%20052.jpg
キレイに取り除けました。

だいたいキレイに取り除いた寸法がユニットバスの設置寸法に近く

なるので取り除かなければならないようになっています。
2014-05-30%20028.jpg
そしてユニットバスは排水の位置と給水の位置が決まっているので

水道屋さんに給排水の位置を合わせてもらいます。

それと浴槽の有った所は深いので高さを合わせてコンクリートで土間を打ちます。

これでユニットバスの設置待ちとなりました。

2014年06月05日

駐輪場の土間

今回の土間は、ただの駐輪場の土間では無く

夏場にお子様のプールを置いて水を流せるようにとのご依頼でした。
2014-06-04%20001.jpg
まずはイワダレソウを撤去します。このイワダレソウは芝より強いみたいで

ドンドン伸びるそうで、土の無い所まで伸びようとしていました。
  
土も取り終わりマスの高さも足りなかったので上げました。

クルマが乗るワケでは無いのですが、念のためワイヤーメッシュを

敷き込んだので、かなり丈夫な出来になると思います。
  
今回は生コン車を頼む量では無かったので、

砂利と砂とセメントを用意してミキサーで練りました。

完成間近になって雲行きが怪しかったのでビニールを敷きました。

2014年06月09日

雨樋の交換工事

今年の初めに降った大雪のせいで雨樋が曲がってしまい

雨水を受けて流す役名を果さなくなっていたので

足場を架けて変える事になりました。
2014-06-05%20024.jpg
はしごを掛けるスペースも余り無く安全を考えると

足場が必要となったので、足場を架けたのですが、

足場無しでヤラせる会社も多いみたいですが、安全を優先しない会社は

良い会社とは言えません
2014-06-09%20040.jpg
ベランダの波板も一度取り外さないと変えられないと言われたので

一度外す事にしました。外して雨樋を付ける事で良い仕事が出来るなら

迷わず外しますよね。
2014-06-09%20059.jpg
ちゃんとした施工した物は気分が良いですよね。

ちゃんとした物をちゃんとお客さんに渡すのが当たり前ですよね。

2014年06月12日

飾り壁の修繕

お家から持ち出しで作っている飾りの壁に

亀裂が入っているのと、気になるシミが有るので

お客様に御提案したところ快諾して頂いたので
2013-12-12%20048.jpg
まずは気になる笠木の板金を剥がし少し大きくしてもらう為に

大工さんに下地を大きくして頂きました。
2014-06-10%20071.jpg
そして気になるヒビの入った所の外壁を一部剥がす事に

剥がしてバールを刺してみたところ少し柔らかいようなので
2014-06-10%20180.jpg
前面を剥がす事になったのですが、天候が回復してから

作業開始する事に…どこまで平気か怖い反面、良い経験になると思います。

2014年06月16日

飾り壁の修繕

外壁を剥がし終えて下地を確認したところ

一番端の柱だけの交換で大丈夫でした。まずは一安心
2014-06-13%20015.jpg
ですが、柱を交換するのも大変な作業なので気は抜けません。

裏面の壁や板の繋ぎ目の下地などは柱に留めて有るからです。
2014-06-13%20031.jpg
やはり経験が物を言うのでしょうか?スンナリと柱は撤去できました。

そして柱がズレない加工をして新たな柱を入れ込みます。
2014-06-13%20045.jpg
柱の交換が終わったら防腐剤を塗って板を貼って行きます。

貼った板にも防腐剤を塗り込んで万全を期します。

この後は左官屋さんの出番です。補修するのには左官屋さんの腕と

気遣いがとても大切なので気心の知れた左官屋さんを指名します。

2014年06月19日

リフォーム工事の最中

床がフカフカになっているので床を剥がしてみたところ布基礎なので

土と床の距離が近く土の湿気による影響が大きく

風窓の位置も雨水が多いと基礎内部に侵入するほどの低さでした。
2014-06-17%20003.jpg
雨水の浸入を防ぎ、土の湿気を防ぐ為

基礎内部にコンクリートの土間を打つ事にしました。
2014-06-17%20008.jpg
コンクリートの厚み分の土を取り除き

防湿シートを敷きコンクリートを打ち込みました。
2014-06-17%20013.jpg
割れ防止にワイヤーメッシュを入れました。

万が一割れても下に防湿フィルムを敷いてあるので安心ですが

念には念です。コンクリートが乾くまで湿気が上がるので

扇風機で空気の循環をさせて頂きました。

2014年06月23日

引き続きのリフォーム工事

縁側の基礎内部は低かったのでコンクリートで土間を打ちましたが

キッチンは高さが有るので既存のままで行う事になりました。
2014-06-17%20025.jpg
元のレベルが良く無かったので新たにレベルを出し寸法をおうことに…

大引きからレベルを変え調整し平らに整える事になりました。
2014-06-18%20036.jpg
根太を並べ終わり水道屋さんに配管の段取りをしてもらいます。

このタイミングで水道屋さんに来てもらわないと、床下にもぐる事になります。
2014-06-21%20048.jpg
下地の合板を貼り、順番にフローリングを並べるのですが、

程よく叩いて詰めて行かないとフローリングの出来が悪くなります。

それが大工さんの腕と経験ですね。

2014年06月26日

リフォーム工事の進行状況

引き続きのリフォーム工事ですが、

前々回コンクリートで土間を打ちをした。縁側の床が出来たので

アップしたいと思います。
2014-06-20%200041.jpg
新しくした所に防腐剤を塗り万全にした状態で根太を流して行きます。

当社では防腐剤を塗るのが当たり前なのですが、

塗らない業者さんも居るらしいので気を付けましょう。
2014-06-20%20005%20%282%29.jpg
下地の合板を貼り床の剛性を上げます。

昔は直にフローリング貼ったりしたのですが

バリアフリーで仕方ない時以外は貼りたいですね。
2014-06-24%20020.jpg
これだキッチンから縁側までバリアフリーに出来ました。

続きが楽しみです。

2014年06月30日

新たな基礎断熱!!

この度ついに新しい基礎の工法を試せることになりました。

新たな工法と言っても、作業内容的には大差は無いのですが

使用する材料が違うので覚えることも沢山有ります。
  
断熱材で型枠を作り、そのまま断熱しようという工法です。

鋼製枠でいつも形を組んでいるのですが、

発泡スチロールで型枠は想像も付きませんが楽しみです。
  
実際に施工してみると、なるほどなぁ~っと感心することばかりで

やはりチャンと製品になっているものは違うと思いました。
2014-06-30%20025.jpg
完成するとやはりスゴク良いものなんだとわかります。

興味がある方は原田工務店まで連絡してみてください(笑)

About 2014年06月

2014年06月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年05月です。

次のアーカイブは2014年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37