« 2015年05月 | メイン | 2015年07月 »

2015年06月 アーカイブ

2015年06月01日

外壁の塗装工事

木造モルタルの戸建賃貸を塗装する事になりました。

現状は壁面に無数の亀裂が入っていて、どこからでも水が浸入してもおかしく無い状況です。
2015-05-15%20032.jpg
まずは高圧洗浄を行い長年の汚れを落として行きます。

ヒビ割れしている所にコーキングを塗り込んで止水します。

これで塗装の下準備が完了です。続いて塗装の下地を塗って行きます。
  
その後、中塗り・仕上げと塗装して完成となります。

ヒビをコーキング処理した所も目立たなくなりました。

今回の建物は増築してあったので、屋根が半分以上ほど古かったので塗装してもらう事にしました。
  
屋根はシーラーを塗り、同じく中塗り・仕上げと行うのですが

古い屋根の方は、塗料の吸い込みが激しかったのでもう一度塗ってくれました。
2015-06-01%20003.jpg

2015年06月04日

換気ダクトの交換

今回のご依頼は換気扇が動かないから見て欲しいとのご依頼だったのですが

換気扇の交換と同時にダクトカバーも交換したので、

余り行わない換気のダクトカバーの交換をアップしたいと思います。
2015-06-02%20001%20%282%29.jpg
どうやら換気扇の内部のモーターダメになったようで、

交換する事になったのですがダクトカバーの網が破れていたので交換しました。
2015-06-02%20004%20%282%29.jpg
壁の中のダクトは水が浸入しても外に出るように少し斜めになっていますが

ダクトのカバーと壁との隙間から雨が入ら無いようにコーキングします。
2015-06-02%20016%20%282%29.jpg
コーキングする際はマスキングテープでコーキングする場所としない場所を分けます。

コーキングを塗った後に隙間の無いようにヘラで平らにならして完了です。

2015年06月08日

お手洗いのリフォーム

アパートのトイレを交換し床を変える工事を行いました。

既存のトイレは和式のトイレなのですが室内が狭く

まとものに交換したのでは用が足せません
2015-05-21%20002.jpg
まずは和式便器を撤去します。実は和式便器は取るのはすぐに取れます。

ですが配管が少し厄介です。まあ床を壊すなら問題ないです。
  
和式から洋式の便器に変える場合なら大抵は床をやり替えるので

クッションフロアーも貼ります。もちろん便器を付ける前に貼ってしまいましょう!
  
まずは位置を確認し用が足せるか確認です。

確認後に本体を水道屋さんに取り付けてもらいます。

今回は斜めに設置して距離を確保しました。

2015年06月11日

ブロックと擁壁の解体

擁壁の不具合と言うよりはお隣の建売業者さんのミスで

擁壁が倒壊する恐れが…現在は建物が建っていないので平気なのですが
  
なんと擁壁の下端よりさらに下を建物の土の高さに設定してしまったのです。

更に単管を打ち込んで板で土を止めたままの状態での放置、木は腐るんですよ!
  
まずはブロックの撤去から行います。と言っても重機で倒すので楽ですが

それから擁壁の所の土を取り除いて行きます。
  
取り除いた後の擁壁を重機に付いた削岩機で壊して行きます。

近隣が近いので細心の注意を払って壊して行きます。

壊し終わった所で今回は完了です。続きはまた次に報告させて頂きます。

2015年06月15日

浴室の解体

擁壁の完成の前に浴室の交換工事の依頼が有りましたのでアップさせて頂きます。

タイル張りのお風呂からユニットバスへの交換になりましたので、

まずはお風呂場の解体から取り掛かります。
2015-04-29%20006.jpg
まだまだキレイに見えますが、少し広く使えるユニットバスへの

交換を提案させて頂いてるので、壁も撤去します。
  
タイル張りのお風呂は必ずと言っていいほどシロアリに食べられてます。

少しでも浸み出した水分が木とコンクリートの間に留まり木をふやかしてしまうので

シロアリが寄ってくみたいです。
  
やはりシロアリの被害にあっていたので、ダメな部分を交換して

ユニットバスの工事に備えます。今回はここまでの工事になります。

2015年06月18日

ユニットバスの設置

さて前回解体した浴室にいよいよユニットバスを設置する事になりました。

ですが、その前に窓の位置が変わる為に壁を1面直さなければなりません
  
これで壁の下地は完了です。後は左官屋さんにモルタルがくっつく様に鉄の網を貼ってもらい

モルタルを塗って乾燥後に塗装すれば完了です。
2015-06-16%20018.jpg
中に断熱材をシッカリと入れ込んでおかないと、寒い浴室になってしまうので注意です。

壁を2面壊したのですが、補修は1面だけなのですが、

実はもう1面はユニットバスが壁から少し出るのです。
  
これで建物の大きさを変えずに広い浴室の完成です。

少し出るだけでも凄く広く感じますので、お客様も満足です。

2015年06月22日

擁壁の設置工事

前に壊した擁壁の設置が完了したのでアップしたいと思います。

前回は既存の擁壁の撤去までで終わりましたが、

今回は地盤が悪い為、表層改良を行う事にしました。
  
そして出来ている擁壁を搬入しました。目の前にすると大きいです(汗)

設置する前に下地のコンクリートを打ち込んで平らにします。
2015-06-16%20001.jpg
コンクリートの上にモルタルを敷き込んで擁壁を設置して行きます。

一つ目の設置が一番気を使います。隣地との境界を超えないようにと曲がらないように

しかも重量が2㌧を超えているので挟まれないように気を使います。
  
そして水の逃げ道を作る為に、水抜き穴の下にコンクリートを打設して

砂利を敷くのですが、そのままですと土が砂利の目に詰まって機能しなくなります。

なので水を通すシートで覆ってから土を埋めて行きます。
2015-06-17%20014.jpg
25㎝~30㎝埋めるたびに地盤をシッカリさせる為に転圧をして行きます。

回りと同じ高さ迄土を埋めて完了となりました。

住宅の工事だけで無く住宅が建つ前の造成工事も楽しいです。

2015年06月25日

保育園のすべり台

以前に設置させて頂いたすべり台のメンテナンス依頼が来たので現調しにいきました。

防腐処理をしてはいるのですが、雨水が毎回溜る場所は少しずつ木が腐って行きます。

結果こどもが滑る時にひっかかるので直す事になりました。
  
最初は部分補修にしようと考えていたのですが、恰好が悪いと専務の意向で

全ての板を取り換える事になりました。
  
最後に防腐剤を塗って完了となるですが、防腐剤も気を使わなければなりません。

小さい子達なので、間違って舐めても平気なような材料を選びました。
  
防腐材なので裏側にも塗り込みます。隙間にはタップリと浸み込ませておきます。

後は元の位置に戻して完了です。

2015年06月29日

補助キーの取り付け

みなさんの家の玄関ドアにカギは何個付いていますか?

1つのカギでは心配な方はもう一つ欲しいですよね?

今回は補助キーを取り付けて来ました。
  
まずはドアに穴を開ける位置を出します。

ドリルで穴を開けるので、間違えるわけにはいきまん。

賃貸住宅の方は、まず大家さんに確認してくださいね。
2015-06-29%20008.jpg
カギのシリンダーをビスで固定して行きます。もちろんビスは全て中側固定です。

シッカリ固定出来てるか確認して完了です。
2015-06-29%20010.jpg
補助キーを付けてみたい方は相談してみてください。

中には付けられないのもあるかもしれませんので

About 2015年06月

2015年06月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年05月です。

次のアーカイブは2015年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37