« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月02日

注文住宅の外構工事

今回は最後の締めで駐車場の土間コンクリートを打ち込みました。

周囲の砂利敷きなどは終わってるので、本当に一番最後の工事になります。
  
ヒビ割れ防止の伸縮目地を2本入れ、間にワイヤーメッシュを敷き

強度を上げています。鉄とコンクリートは、何故相性が良いか知っていますか?

温度による伸縮率が同じ事とコンクリートの中で錆びない事が主の理由です。
2016-05-02%20006.jpg
コンクリートを打ち込み、まずは量が足りるか均します。

その後、砂利を沈めて表面をもう一度均します。
2016-05-02%20008.jpg
この駐車場は坂がキツイ所が有るので滑りづらい様に

刷毛で一定方向なぞり滑り止めのパターンを付けて完了しました。

2016年05月06日

連休明けの仕事

連休明け早々に仕事が有るのはありがたい事です。

浴室のリフォームを行うので、まずは浴室の解体からスタートです。
2016-02-20%20004.jpg
タイル張りの浴室からユニットバスへの交換なので

天井と全ての壁のタイルを撤去し浴槽も撤去します。
2016-05-06%20002.jpg
タイル張りの浴室に有りがちな怪しい所が出てきました。

たぶん居るだろうとは思っていましたが…
  
やはりいました白蟻が、湿った木が大好きなので

タイルの隙間などから水が刺してフヤケタ木を食べつくす厄介者です。
2016-05-06%20008.jpg
周囲に防蟻材をタップリと浸み込ませておいたので

白蟻は居なくなるはずです。

2016年05月09日

万年塀の撤去

注文住宅を着工する前に不要となった万年塀を撤去する事になりました。

基礎を作ってしまうと万年塀を手で壊す事になるので、

基礎前に重機を使い撤去しました。
2016-05-09%20001.jpg
端から順番に柱を倒して抜いてから板を外して行きました。

柱は重機が有ると簡単に倒せました。ダンプに載せるのはて作業ですが
2016-05-09%20002.jpg
下の方が土に埋まっていましたが、これも重機で掘れたので

時間短縮になりました。本来ならスコップで掘り起こさなければなりません
2016-05-09%20004.jpg
全て撤去しダンプに載せ整地を行い完了しました。

これでやっと基礎のスタートです。

2016年05月12日

モデルハウスが上棟しました。

先日基礎工事が終了し、いよいよ骨組を作る建て方を行いました。

色々と凝ってる所が盛り沢山なので出来上がるのが今から楽しみです。
  
今回は電線が近くに通っているのと、足場が有る為に

レッカーの動きが制限されて、思うように材料が置けず大変でした。
2016-05-10%20008.jpg
それだけでも大変なのに斜め前の現場がポンプ車を据えて午後から

コンクリート打ち込みをしたいと言って来たので大変です。

ですが、同じ建設の仕事をしているので、困った時はお互いさまです。
2016-05-10%20014.jpg
お昼の時間を変えて段取りを変え手で建てられるようにしました。

ちなみに斜め前の現場の監督さんには言っていたのですが伝わって無かったようです。
2016-05-12%20008.jpg
何とか見れる形まで出来ました。

2016年05月16日

S様邸 【お引渡し式】

S様邸【お引き渡し式】
※個人情報・プライバシー保護の観点から、一部画像処理を施ております。

先日、お引渡しの前に、S様邸をお借りして、完成見学会を開催させて頂きました。
ご主人、奥様、そしてお子様とで住まわれる2階建て4LDKのお住まいです。

(お客様のこだわりポイント)
☆LDK一体の広々空間
☆リビング脇のシックな和室空間
☆奥様こだわりのキッチンは、お料理が楽しくなる仕掛けがいっぱい。
☆豪華感を演出する素材選び

終了後は、再度クリーニングを行い、汚れや傷、作動不良がないかを見ていき、お引き渡しとなります。

打ち合わせ、建築中、そして完成の数か月間に及ぶ長い家づくりを共にした思い出や、感想の言葉を頂きました。今後とも末永いお付き合いよろしくお願い致します。



2016年05月19日

S様邸お引渡し式

S様邸【お引き渡し式】
※個人情報・プライバシー保護の観点から、一部画像処理を施ております。

今月5/9お引渡しをさせていただきましたS様邸の写真でございます。
ご主人、奥様、そしてお子様とで住まわれる2階建て3LDKのお住まいです。

SIXaGg2nfsEd56D1463656723_1463656888.png


(お客様のこだわりポイント)
☆断熱材はセルロースファイバー
☆サッシはLIXIL FG-H
☆LDKは勾配天井で窓は大きく陽当たり抜群です。
高気密高断熱住宅になっております。

お引渡し式では、お打ち合わせ、建築中、そして完成の数か月間に及ぶ長い家づくりを共にした思い出や、感想の言葉を頂きました。
着工前に奥様が交通事故に遭われ、家作りを1度は断念しようと思ったそうですが、
無事にこの日を迎えられて本当によかったそうです。

お施主様の喜ぶ笑顔が見られて本当に嬉しく思います。


今後とも末永いお付き合いよろしくお願い致します。


2016年05月23日

注文住宅の地盤調査の結果

地盤の保証が出来ない地盤との報告をもらったので

地盤改良を行う事になりました。

工法は色々有るのですが、今回は鋼管杭を用いる事になりました。

荷重の掛かるポイントに杭を設置して行くのですが、かなりの本数になります。

それを順番に距離を測りながら設置して行きます。
  
設置が終わったら決められたポイントから高さ測り

基礎の下に先端が行くように鋼管杭の天端を切ります。
2016-05-20%20021.jpg
これで地盤の保証が出ますし、地盤もしっかりしたので安心です。

2016年05月26日

3階建て注文住宅の建て方

今回の建て方は、いつもの建て方とは少し違いました。

今回の建て方はテックワン工法という方式でピンを打ち込んで

柱と梁を繋いでゆく工法です。
2016-05-23%20004.jpg
組み立てて行くのは早いのですが、ピンを打ち込んで行くのが大変です。

簡単に入ってくれないので、思い切り叩かないと入りません。
2016-05-23%20009.jpg
柱、梁、ピンと順番に組立てて床を敷き、次の階の組立てに入ります。

柱、梁の中に金物が入っていて、それをピンで繋ぐので他の金物は要りません。
  
無事に3階の屋根の母屋迄完了した。大工さんお疲れ様でした。

建て主様、おめでとうございます。

2016年05月30日

3階建てのパッシブハウスの外壁

サイディングで通気層を確保するのは意外と楽なのですが

左官仕上げの壁の場合色々な方法が有るのですが
 
今回はハイベストウッドの上に透湿防水シートを貼り胴縁で通気層を確保し

ラス網の下地を貼り、更に仕上げ材推奨の透湿防水シートを貼りました。
2016-05-13%20036.jpg
この上にラス網を貼って行き下塗りをして行きます。

この下塗りはシッカリと乾燥させてから次の工程へ移ります。
  
なぜ乾燥させるかというと、乾燥するとヒビが入るのです。

ヒビが入る前に次を塗ってしまうと、後から塗ったのと一緒にヒビが入ってしまうからです。

ヒビが入らない様に乾燥させ、ガラスのネットを伏せこんでシッカリとヒビ対策をした後に

仕上げを行います。仕上げは完了しましたらアップさせて頂きます。

About 2016年05月

2016年05月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年04月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37