« 2016年08月 | メイン | 2016年10月 »

2016年09月 アーカイブ

2016年09月01日

石貼りのアプローチ

今回玄関のアプローチを天然石材の乱貼りという物で作りました。

と言っても車も乗るので丈夫に作らなくてはいけません。
2016-08-25%20003.jpg
石を貼る分とコンクリートの分を合わせてスキトリます。

約150㎜ほど取り転圧しワイヤーメッシュを敷き、コンクリートを打ち込みます。
  
100㎜打ったコンクリートの上にモルタルを敷き自然石を並べて行きます。

レベルを調整し石と石の間が空かないように石を選んで並べてるので時間が掛ります。
2016-09-02%20021.jpg
今回はマンホールも有ったので難しかった様ですが綺麗に出来たので良かったです。

2016年09月02日

夏休みこども木工教室開催のご報告

8月21日(日)に、毎年恒例となる夏休みこども木工教室を開催いたしました。
のご報告です(^^)/

木工教室 『昔懐かしいゴム鉄砲づくり』 ㈱原田工務店
アクセサリー教室 『ガラスでつくるペンダント(ブローチ)』 アトリエ・ナオリ

今年もたくさんのお客様にご来社いただき
楽しく木工教室とアクセサリー教室を開催することができました!!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

みなさん、思い思いの作品を造ることができ、
ご満足いただけたかと思います!!
来年もご参加をお待ちしております。
参加人数に限りはございますが、
ぜひぜひ、お友達ご家族もお誘いあわせの上
ご参加ください(#^^#)
来年もみんなで楽しい木工教室にしましょう♪
ご参加・ご協力いただいたみなさま、
ありがとうございました\(^o^)/

アトリエ・ナオリ(アクセサリー)
 お問合せ:info@ateliernaori.com
https://www.facebook.com/ateliernaori/
アトリエ・ナオリは三鷹と調布の間にあるステンドグラス工房です。
オリジナルのパネル・インテリア雑貨・アクセサリー雑貨など制作。
少人数制の教室も開講しています。

同時開催した、モデルハウスでのイベント、【家、お片付けに関するイベント!】も大盛況だったようです。
また、ぜひ、コラボ開催させて頂きたいと思います(#^.^#)
☆吉田さんとお片付け☆
http://ameblo.jp/tsumu316/entry-12192420993.html

2016年09月07日

あんしんくんのご案内【中古住宅の診断と補償を提供いたします。】

中古住宅診断のあんしんくん!㈱原田工務店は、検査事業者・取扱店として登録。
既存住宅すべてに住宅診断をして、安心できる不動産取引を実現しましょう!
あんしんくんのサービスは、あんしんくん検査事業者が行います。
このあんしんくん検査事業者とは、ホームインスペクションについて研修を受け、
また社内にホームインスペクターという有資格者(実際の戸建て住宅を利用しての試験等を合格したもの)がいる、事業者になっております。
安心してホームインスペクション(住宅診断)をお任せください!!

詳しくはあんしんくんHPをご覧ください!
http://www.ietomachi.com/anshinkun/

2016年09月08日

注文住宅のベランダ防水工事

今回はベランダを作るところから防水工事が完了するところまでを

載せたいと思います。
2016-09-01%20005.jpg
まずは家の中同様に床板を貼りベランダの壁を作って行きます。

この床板の上にもう一枚床を貼り水勾配を取ります。
2016-09-04%20028.jpg
この状態で防水は2回塗っているので完璧です。

ですが、この上に塗り色と滑り止めを混ぜたトップコートを塗ります。
2016-09-06%20016.jpg
手摺の天端からサッシが乗る所までシッカリと防水し

ベランダの防水工事が完了となります。

2016年09月13日

雨の中の地鎮祭

雨降りの中ですが地鎮祭を行いました。

秋雨前線が来ているので、決行の日が雨なのは仕方ない事です。

しかし、雨なんかに負けてはいられません。
2016-09-13%20001.jpg
ブルーシートで大きくテントを張り、

予備に簡単に組み立てられるテントを張って雨に備え

地鎮祭の準備をしました。
2016-09-13%20018.jpg
お客様のプライバシー保護の為顔はぼかさせて頂きました。

地鎮祭の途中で案の定雨がバタバタと降り出して来ましたが

テントを張っていkるおかげで滞り無く行えました。
2016-09-13%20032.jpg

2016年09月15日

駐車場の土間と手形

今回は駐車場の土間の打ち込みを報告したいと思います。

この駐車場の土間はコンクリートを約4㎥打ち込みました。
2016-09-12%20004.jpg
途中途中にスリット(すき間)作ったので一輪車が乗り越えて行ける様に

板で渡りを作り一番奥まで行けるようにします。
2016-09-12%20006.jpg
一輪車でコンクリートをあける時にコンクリートが跳ねるので

サイディングやブロックなどに付いたコンクリートは固まる前に落とします。
2016-09-12%20007%20%282%29.jpg
コンクリートを均すのも打ち込んだ順に均して行きます。

最初は平らに均しますが大きいコテムラがが残ります。

少し水気が無くなればまた均しコテムラを小さく、これを繰り返します。
2016-09-12%20016.jpg
今回はお客様のご要望で、お子様の手形を残した土間にしました。

記念に残る土間になりました。

2016年09月19日

新築住宅の建て方

今回、新築住宅の建て方を行いました。

雨続きの中晴れてくれたのでとても付いてる日でした。
2016-09-17%20011.jpg
大工さん4名、トビ2名での建て方となり、クレーンもスムーズに動けたので

順調に組立ていけました。ところが部材が3つ足らなく2階の床が全部貼れません
2016-09-17%20026.jpg

仕方なく敷けない部分は後にして敷いた部分だけ釘で止め

その上の部分を組み立てる事にしました。
2016-09-17%20034.jpg
組み立ててるうちに足らない部材が出てきたので無事に2階が終わりました。

材料が1つでも違う所に混ざっていると順番に出来ないので困ります。

今回は事無きを得ましたが、戻り作業も嫌な物です。
  
また雨が降る予報だったので屋根にブルーシートを張り雨養生を行い完了しました。

2016年09月22日

注文住宅の部屋内

家を建てている職人さんやお施主さんでなければボードを貼る前や

クロスを貼る前の状態をなかなか見れませんよね?
2016-09-12%20025.jpg
断熱工事が終わってボードを貼って行く前の風景です

このタイミングの内覧会を開いて無いと見れない場面です。
2016-09-19%20038.jpg
次にボードを貼り終わった状態です。クロスが無いと味気ない風景です。

部屋の中すべてが黄色いボードなので、普段見慣れている部屋とだいぶ違います。
2016-09-19%20043.jpg
これでクロス屋さんがクロスを貼って行くとガラリと変わるのが

また面白く楽しい瞬間です。クロスを貼り終わるのが楽しみです。

2016年09月26日

新築住宅の金物

今回も出来上がると隠れてしまう物を紹介したいと思います。

地震や台風などの災害から家を支える金物です。
2016-09-24%20041.jpg
まず土台と柱を繋ぐかなものです。実際柱は土台に刺さっているだけなので

抜けない様に金物でシッカリ繋ぎます。

他にも基礎から土台と柱を同時に繋ぐものも有ります。
2016-09-24%20044.jpg
これは筋交いと柱をを繋ぐ金物です。家が真っ直ぐ立ている為に

筋交いはとても大切な物です。これが揺れたりした時に外れないようにする金物です。
2016-09-24%20051.jpg
次に梁と梁を繋ぐ金物になります。梁同士はキッチリハマっているので

外れる事は無いのですが万が一ズレルと外れるので金物で補強してます。
2016-09-24%20046.jpg
他にも火打ちや羽子板など沢山の金物を使っています。

何をどこに使うか計算された場所に使わないと強度が出ないので要注意です。

2016年09月29日

新地住宅のベランダ作り

今回はベランダが出来てる工程を紹介します。

まずはベランダの手摺の骨組みです。
2016-09-28%20024.jpg
ベランダも家の作り方と同じで中の骨組みは同じ間隔で並んでいます。
2016-09-29%20002.jpg
板を貼るとベランダらしくなってきます。
2016-09-29%20006.jpg
水が流れる溝を作り全体が溝に水が流れるよう勾配を取ります。
2016-09-29%20007.jpg
耐火性の有るケイカル板を貼り下地は完成です。

後はFRPで防水工事を行えば完成になります。

About 2016年09月

2016年09月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年08月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37