« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月 アーカイブ

2017年03月02日

広島の勉強会に行って来ました。①

今回広島の行って来ました。

子供を育てる家づくりの勉強とパッシブ技術の見学と勉強をして来ました。
2017-03-02%20002.jpg
まずは子供を育てる家づくりの勉強をしたので紹介します。


講師の方は八納 啓造先生で本も何冊か出しています。
2017-03-02%20003.jpg
住む人が幸せになる家づくりとか、わが子を天才に育てるとか

興味深い本のラインナップです
2017-03-02%20005.jpg
勉強部屋は昔の日本には無くアメリカの間取りを真似て作った家の

日本独自の使い方が勉強部屋になったらしいです。

最近はリビングで勉強する方が良いなどテレビでも騒がれてますが、

その走りみたいな先生でした。

2017年03月06日

広島の勉強会に行って来ました。②

広島の2日目は松が原レモンの家(パッシブ換気)を見学して来ました。

左側事務所になっていて右側が住居になっています。
  
事務所と自宅は別々にのパッシブ換気になっているので

パッシブ換気を使った建物が2棟建っている様なものです。
  
パッシブ換気特有の新鮮空気取り入れ口が有ります。

周囲の敷地が広いのでФ150のエルボーで下を向けてあります。

ソーラーウォーマーも付いています。ソーラーウォーマーは

太陽熱と太陽光で暖かい空気送り込む装置です。
  
しっかりとパッシブ換気の排気筒も有り分かる人はスグに分かる建物です。

内部も凝っていて麻布のレーモンド邸を手本にした構造だそうです。

2017年03月09日

物置を組立て来ました。

今回はしんちくのお客様のご要望でイナバの物置を組立て来ました。
お客様の庭の敷地が広く壁にピッタリ寄せて作らなくていいので組み立てやすかったです。2017-03-08%20007.jpg
この物置ですが入り口から奥に長く、よくある物置より一回り大きです。

イナバの物置でも中型と呼ばれる物になります。
  
このタイプは初めて組み立てるのですが使いやすそうです。

タイヤを収納するタイヤラックもオプションで取り付けたので

タイヤを収納し劣化を防げるので最高です。
2017-03-08%20013.jpg

2017年03月13日

地盤調査

3月11日地盤調査をしました。

今回の土地は高台の麓なので改良の可能性があります
2017-03-11%20001.JPG
いよいよ地盤調査開始です。

今回もスウェーデン式サウンディング試験で行います。
2017-03-11%20006.JPG
地盤調査終了しましたが、検査した人に聞いた所

地盤に固さが一定では無く”不動沈下の判断が出るかも”との見解でした。
2017-03-11%20007.JPG
ですが、地盤に対してはダメな物はシッカリ

改良して安心して住める家の方がいいですよね。

今のところ結果待ちです。

2017年03月16日

屋根葺き替え工事

洋瓦の葺き替え工事中です。
既存の屋根は海外製の洋瓦屋根で、雨漏り、屋根の痛みがありました。
過去に棟部材が(屋根面が交差する先端部分)吹き飛んだりしてましたので、
今回の工事で根本的な改善と、保善工事を行っております。
新規の屋根材料は商品名ガルテクトです。ガルバリウム鋼板と軽くて薄く、
耐震上有利なものです。また、裏側に断熱材が付いていますので、遮熱効果があります。

2017-03-13%20024.jpg
着工時前です。

2017-03-16%20005.jpg
一枚ずつ瓦を撤去している様子です。
建物への荷重がかかっていることが、想像できますね。
2017-03-16%20011.jpg
アスファルトルーフィングを、規定通りに重ねて貼ってます。
雨は上から下に流れますので、雨水が差し込まないような施工方法です。

2017年03月20日

和室から洋室への床の張替え工事

IMG_0540.JPG
新築から15年のお家です。新築の時和室が良いと思われましたが、今は生活スタイルが洋風になり椅子での生活が当たり前になっています。その為和室に椅子を置いてしまったので畳が酷く傷み今回フローリングへと床のリフォームを行うことになりました。
2017-03-17%20006.JPG
今回選んだフローリングは間にタモ材を挟み3mmの単板を貼った3層フローリングです。タモとはやや重硬で狂いも少なく加工しやすい木材で、多くの家具や建具に使われています。フローリングを貼る接着剤には一液型ウレタン樹脂系接着材を使用しております!!
2017-03-17%20008.JPG
いよいよ完成です。しっかりとした無垢材の風合いが何とも溜まりません。早速、テーブル・椅子・プリンターなど搬入しました。畳の時の様なヘコミなどの心配は無くなり安心です。
今回の工期は1日で完了となりました。

2017年03月23日

屋根葺き替え工事 その2

先週に引き続きまして、屋根葺き替え工事をお伝えします。

まずは、材料のガルバリウム鋼板について
元々、海岸地域の海水、風の影響を受けやすい、工場などから使い始められたようです。
酸性雨にも強く、耐久性に優れた材料です。
昔のトタン屋根とは全くちがいます。

また、今回の工事で雨仕舞(雨漏りしない納まり)についてご説明します。
既存の瓦を撤去した後の、外壁と屋根との間(黒い部分)に金属板が差し込まれている部分と、屋根面のアスファルトルーフィング(緑色部分)との間に、防水テープを貼り込んでいます。
屋根の仕上げ材料を葺いてからは、見えない箇所ですが内部できちんと雨仕舞している様子です。
2017-03-20%20025.JPG
2017-03-20%20002.JPG
仕上げ材料を葺いた後です。
2017-03-20%20021.JPG
屋根面先端箇所をガルバリウム鋼板にて巻き付け、それに屋根面側の材料を差し込みますので、屋根の先端からの雨吹き込みが防げます。
2017-03-18%20157.JPG
屋根仕上げ材料 ガルバリウム鋼板にて葺いた様子です。

2017年03月27日

新築お引渡し

2017-03-25%20024.JPG
リビングから上を見ると、こんな感じのお家のお引き渡しです。

壁に貼って有る板ですが実は新品なんです。

あの板はエイジング加工した板で職人さんが何年も使いこんだ様に見せる加工した物です。

白や黒こげ茶を何度も塗り年代物の様にしました。
2017-03-23%20046%20%282%29.JPG
この洗面台は既製品では無く大工さんに作ってもらいました。

洗面ボールは施主様がお持ち込になり当社の大工さんが台を作成しました。
2017-03-25%20047.JPG
お家の顏の玄関です。三協アルミの玄関ドアで色はマイルドグリーン、やさしい感じに見えます。

黒の取っ手ともよく合います。これからのご家族の出入りを見守ってくれます。

2017年03月30日

建物外壁 経年劣化

以前より建物メンテナンスをやらせていただいておりました方よりのご相談です。

木造2階建て建物が劣化による、クラックが目立ち始めた頃より道行く営業の方々より、よく声を掛けられていたそうです。
今回は緊急性の有る所の補修対応を行います。

IMG-4641.JPG
ベランダ外壁に、ヒビが発生してます。
雨風や日当たりなどの影響も考えられます。
IMG_4635.JPG
南側ベランダの内側、ベランダ床箇所です。
排水口付近に落ち葉がたまっていました。
なるべく普段から排水口回りは乾燥状態にすることで、雨漏りの原因を防げます。
IMG_4640.JPG
ベランダ床防水に亀裂が入ってました。
南側でひさしが無く、日差し、雨風の影響を受けやすい場所でした。
今の状態のままにすると、建物本体への影響も出やすいので、今回の工事では防水工事も行います。
補修工事後の報告も追ってブログアップしていきます。

About 2017年03月

2017年03月にブログ「注文住宅ならおまかせを!西東京(府中)の工務店、(株)原田工務店の現場日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年02月です。

次のアーカイブは2017年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37