SDGsへの取組み

◎原田工務店のSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。「地球上の誰一人として取り残さない」という共通理念のもと、持続可能な開発を目指し、17のゴールと169のターゲットから構成されます。
SDGs は発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも企業の積極的な参画・貢献が期待されています。

世界全体でおこっている問題を「自分達のこと」として捉え、その自分たちのことが世界共通の認識となるよう、企業としても、個人としても、パートナーシップの架け橋になりたいと思っております。
これが原田工務店の取り組むSDGs です。


すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々が住環境の健康的な生活を確保し。福祉を促進する。
高断熱住宅の提供で温度差の少ない高性能住宅で、家庭内のヒートショックを防ぎ健康を守ります。
高齢者が元気でいられる健康寿命の延伸が、医療福祉予算や介護の軽減につながります。
人体に害のない天然素材のホウ酸による防蟻対策で、住宅の健康と住む人の健康を守ります。


質の高い教育をみんなに

すべての人に、質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。
伝統技術を継承するため、職人を社員化し、自社で育成することで不足・高齢化・事業承継の対応を図る。
多能工業務が出来るよう育成することで、工期の短縮・工事費の軽減を目指す。
将来、業界で働くことを希望する学生を対象にした職場体験の場を提供し、入職者の増加を目指す。
働きがいのある仕事を通した個々のスキルアップと所得の向上。


エネルギーをみんなにそしてクリーンに

全ての人々の安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。
太陽熱を利用した補助暖房・換気システムで空気の質を維持しながら暖房エネルギーを抑えます。
デマンドコントロールされた換気システムで光熱費を抑え、室内空気を健康的で快適な状態に保ちます。
高断熱高気密の住宅で冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減します。
耐震・断熱性の高い住宅は、地震等災害発生時に倒壊のリスクを下げ資産を守ります。
省エネリフォームで住宅の性能を向上させる提案で建物寿命を伸ばします。


産業と技術革新の基盤をつくろう

低炭素化社会を実現する為に、断熱・省エネ・創エネでZEHを実現
長期優良住宅認定と耐震性の確保を積極的に行います。
省エネ・断熱性能のために高性能な躯体性能を確保します。
省エネ部材の開発、導入とそれに伴う自社の工法の改善を常にアップデートします。


住み続けられるまちづくりを

広い意味で安全で強い持続的な地域社会と居住環境の提供を実現する。
エネルギー供給途絶にも強く安心できる住宅の建設を目指します。
地域の人々とのパートナーシップや連携を強化し、地域社会の活性化を図る。
維持管理しやすい住宅の提供と引き渡し後のアフターメンテナンスを充実させる。


つくる責任、つかう責任

住宅の長寿命化を目指し、限りある資源を効率よく使う。
省エネ性能の見える化を推進する。
住宅の無料点検を積極的に行い、住宅の長寿命化を目指す。
第三者による住宅診断、建設現場の監査を実施し、品質向上させます。
施工保証書の発行を導入し、安心できる住宅の提供につとめる。